年齢ともともとの肌質の悩み

昔から乾燥肌だという自覚はあったのですが、年齢を重ねるごとに敏感肌になっていくのを感じるようになりました。

無添加のスキンケア製品であれば肌負担なく使用できていたのに、急に肌が真っ赤になって痛くなってしまったのです。

皮膚科を受診したところ、化粧品にかぶれたのではないかということでした。

その日を境にして、スキンケア選びに神経質になっていきました。

ベビー用の製品を使ったり、アトピー肌でも安心して使用ができるという製品を使ったりしていくうちに、肌の炎症が出ることはなくなりました。

ただ、そうしたスキンケアラインはあくまで肌を正常に保つ製品が多いのです。

年齢肌に良い、シワやたるみに効果的な成分が入っていてなおかつ肌に優しいものが欲しいと考えるようになっていきました。

高いものからプチプラ製品までさまざま試しました。

もともと敏感肌スキンケアを出しているメーカーのエイジングラインや美白ラインを使用した経験もありますが結果はだめでした。

最初は全く問題なくむしろ効果的だと感じているのに1週間が過ぎたころになると肌が痛くなったり粉ふき状態になってしまうのです。

今は、欲張らずにシンプルな保湿ケアの身を行うようにしています。

もっとを求めるより、健康的な素肌ベースを作ることが大切だと痛感しています。