アラフォー美容格差。

30代も後半さしかかり、いよいよ同年代でも美容に投資しているか否か浮き彫りになってきました。半年前まで会社勤めだったので、人に見られる意識があったのか、割と頑張ってきましたが、仕事を辞めてからというもの、気が抜けたようで急激に老けました。

ヴィオテラスHSCセラムの口コミと効果

しわ、しみ、たるみ…悩みは尽きない。一番改善したいけれど厄介な箇所はほうれい線。2020年に入ってからは、コロナウィルスの流行で自粛の日々、人に会うことが少なくなり、笑うことも減ったためか、はたまた太ってしまっためなのか…この半年くらいでほうれい線が濃くなり、まるでマリオネット。ほほがたるんでフェイスラインも四角くなってしまった。普段、マスクをしているので、ほうれい線もフェイスラインも隠れていることが幸い。

しかし、ほうれい線やフェイスラインを気にして、人前でマスクを外すことが億劫になりました。これから先、マスク着用が日常ではなくなった時にまちがいなく後悔するだろうなー。とは思いつつも打開策がありません。毎日フェイスマスクをしていますが、どんどん重力に負けていくばかりの私のお顔。美容皮膚科に足しげく通っている友人は、若々しい!うらやましい!私もヒアルロン酸注射したい!しみとりレーザーした!けれど、美容皮膚科へ通って、定期的に通って美容に投資できるほどお金を持ってはいないのでね。どんどん美

容格差は広がっていくばかりです。