マスクネとは?対策はできる?

マスクをすることが当たり前になり、今まで少なかった肌トラブルに悩む人が増えたのではないでしょうか。
中でも、ニキビができてなかなか治らない、それどころかどんどん増えてしまうという人は多いはずです。

FACEEリキッドセラムプラス

最近ではマスクが原因で発生したニキビのことを『マスクネ」と呼ぶようになってきています。
これは、「マスク」と「アクネ菌」という単語を組み合わせた言葉です。
マスクネは、マスクを長時間つけていなければならない医療関係者などではもともと認知されていた言葉のようです。

マスクネの原因は、マスクの下の肌環境が良くないことです。
マスクが擦れて炎症を起こしている肌に、さらに細菌や汗などがマスクによって閉じ込められてしまうことで肌のバリア機能が低下してしまうのです。
湿気もありますので、マスクの下で湿度が高くなり熱がこもり、毛穴が塞がれてしまうようです。

対策としては、肌のバリア機能をととのえるために十分に保湿することと、自分に合ったマスクを使用することが大事です。
最近ではさまざまなマスクが発売されており、ファンの付いたマスクなども発売されているようです。
いかにマスクの下を快適な環境にするかが、マスクネを防ぐのに効果的なのですね。