アトピーとの付き合い方

 私は幼い頃よりアトピー性皮膚炎に悩まされております。効果はどう?nicoせっけんを購入して3ヶ月間使用したアラサー女子の口コミ&評価!

 物心ついた時には、皮膚科に良く通っていました。 小学生の頃改善して、それから学生時代は通院はしていませんでした。

 しかし、社会人になった頃から、ストレスなのか、化粧品のせいなのか、アトピーが酷くなり始め、また通院の日々に逆戻りしてしまいました。

 毎日、顔をはじめ、全身の痒みになやまされていました。部屋を掃除すると、白い粉が集まります。それは、私の顔や体から落ちた皮膚なのでした。そんな日々が十年ほど続きました。

 その後結婚し、出産の為退社すると、ストレスがなくなったからなのか、症状は落ち着き、子育てに一生懸命の日々になりました。

 しかし、子供が「魔の2歳児」になった頃、子育てのストレスからか、またアトピーが酷くなってきました。子供がお世話になっている小児科の先生に相談すると、「良いアレルギー科の先生を知っているから」と、皮膚科を紹介してくれました。

 その皮膚科に通うようになったところ、次第に症状がよくなり、化粧もできるようになりました。それから十年程になりますが、今では大抵の化粧品使うことができます。仕事もしていますが、自分史上、今が一番肌の状態がいい気がします。

 しかし、油断は禁物。花粉症の季節は荒れるし、絆創膏や、湿布は長時間使うとかぶれてしまいます。冷えピタも痒くなります。その度に皮膚科にお世話になります。酷くならないうちに手を打つことを覚えました。

 このやり方が、私には合っているのでしょう。きっとわたしは、一生皮膚科のお世話になりながら生きていくのだと思います。