頬の真ん中にできたイボ 炭酸ガスレーザーで除去

40代になっていつの間にか頬の真ん中にイボができてしまいました。
幸いにも色はシミのように黒くなく、肌の色そのままの状態で小さく盛り上がってきています。
大きさも色も目立たなかったため、一年くらいほったらかしにしていました。
その時私は目の下のシミや目尻のしわのことで頭がいっぱいで、シミ取りレーザーを当てたり保湿クリームを欠かさず塗っていたりしていました。

ちゅらかさなの効果と口コミ評価!販売店での市販状況など完全レポート!

ある時、頬の真ん中のイボが気になって爪でカリカリっていじったらポロっと取れたのです。
あ、ラッキーと思ってしばらく気にしないでいましたら、また同じところにイボが復活してしまいました。
そのまま一年くらいまた放置していたところ、やや大きくなってきたことに気づきました。

自分では気づいていても他の人からは気づかれないだろうと思っていたのですが、ついに友人に言われてしまったのです。
ショックでしたねー。
大きくなってきたことに気づいてから、再び一年経ったある日(友人に言われてから一週間後!)。
思い切って皮膚科に行って施術を予約!
加齢性イボということで、炭酸ガスレーザーを使って除去してもらいました。

今は経過観察中で一週間は塗り薬と保護のガーゼを当てています。
私の頬にできたイボは頬の中心にあったので目立つものだったため、思い切って除去をお願いして良かったと思います。
40代後半でもう若くありませんが、顔にシミやイボがあると嫌なものなのでこれからも美容に心がけていきたいです。