様々なちょっとした努力で楽して効率的に痩せるダイエット

様々なダイエットが提唱されていますが、どれも何かしらの無理や苦痛を感じるものが多いです。
苦痛をゼロにすることは無理かも知れませんが、様々なダイエットを無理のない範囲で実践することを勧めます。
このような方法であれば1つ1つの条件を緩和しても痩せやすくなるし、相乗効果も期待できるからです。

メタシボリの効果そして口コミ!

まずは朝食バナナや焼き芋を食べることを勧めます。手軽で美味しく、続けやすいですから。
もちろん、朝食バナナだけに頼ったダイエットではないので無理して沢山食べることはありません。
毎朝が嫌なら1日おきでも構いません。バナナだけで痩せようというアプローチではありませんから。

次に代替ダイエットを勧めます。これは太りやすい食材や料理を痩せやすい物に代えるというものです。
例えば、白米を玄米にしたり、パスタをしらたきで代用したりします。
揚げ物を焼き物や煮物にしたり、チョコレートをカカオ含有率の高いチョコレートに代えるの良いです。
これも無理に行う必要はなく、無理のない範囲で少しずつやれば良いです。

最後に運動もした方が良いです。これも無理はする必要がありません。
毎日1万歩が無理なら週2回だけは5千歩とかにすると良いです。
ノルマを決める必要もなく、散歩などにこだわる必要もありません。
散歩が嫌ならサイクリングでも良いし、雨なら室内で腕立て伏せでも良いです。

このように少しずつの努力を何個も行えば楽に痩せていくはずです。
完全主義でやることもないので無理や苦痛も少なく続けやすいことでしょう。

1日3回ナッツとドライフルーツを食べただけで半年で-6キロに成功!

お仕事中どうしても甘いものが欲しくって、ついついチョコレートや飴を食べてしまう・・・その小さな積み重ねが積もりに積もって、アラフォー。気が付けば、体重が人生最大級に重くなっていた。

そんなある日、スーパーでたまたま目にしたナッツとドライフルーツが1食分ずつ小分けになっているおやつ。1日3食×7日分の計21袋入っているものだった。

おやつをこれに変えてみたらやせるかも!しかも1日3回も食べれるからこれならがそこまでストレスにならないかもしれない。そう思い、私はその日そのナッツとドライフルーツが小分けになっているおやつを購入し早速翌日から間食をすべてナッツとドライフルーツにした。

お仕事中も、休日もおやつはそれのみ。ご飯は3食いつも通りの量を食べた。

グラマラスタイルの効果を暴露!購入して使用した私の口コミ&評価!

すると、始めて1か月目。なんと1キロ痩せたのだ。

このまま続けていけば1か月1キロペースで痩せるのではと思い、そのままの生活を半年続けてみた。そしたら私の予想は的中!1か月1キロペースで痩せていき、半年でマイナス6キロのダイエットに成功した。

1か月1キロペースなので、肌がしわしわになったりすることなく、とても健康的に痩せることに成功した。

ナッツはビタミンEも豊富で、アンチエイジング効果もあり女性には嬉しいことばかり。

ドライフルーツで程よく糖分も摂れるので、甘いものも欲しなくなるし、本当に良いこと尽くし。ぜひおすすめです。

糖質OFF麺でパスタ・うどん・ラーメン食べ放題で痩せた

食べるのが大好き・麺類大好きな私にとっての救世主は『糖質OFF麺』です。
よくドラッグストアやネット販売で糖質OFF商品は販売されています。

リゲイントリプルフォース

誰もどこでも簡単に手に入れられるようになりました。
ですが、ちょっと気になるのはその値段なんですよね。
継続しないとダイエットはすぐにリバウンドもしてしまうので、自分はこれなら継続できるかということを考えました。

そこでスーパーで200gが130円程度で販売されている『うどん麺』と『パスタ麺(ラーメン焼きそばにもなる)』を仕事が休みの週末に食べていました。
土日のレシピはこんな感じです。

朝:通常通りパン+サラダ+ヨーグルト(フルグラを混ぜる)
昼:糖質OFFパスタ?サラダ+おかず
夜:糖質OFFうどん+残り物のおかず

糖質OFF麺では野菜たっぷり塩ラーメンや味噌ラーメンに調理したり、明太子やトマトパスタにしたり、飽きない工夫をしながら取り入れています。
1袋200g程度ですがカロリーは10kcalほど。
野菜たっぷりにすればそれだけでも徐々に体内の脂肪が減っていきそうですよね。

そこに、ストレッチや軽いウォーキングをプラスしていけば、週末だけでも十分ダイエットが可能です。
私はこれで2カ月で2kgのダイエットに成功しました。
今後は維持するためにも、継続しようと思っています。

2週間で5キロ落としました。

仕事のストレスによって食事の量が増え155㎝55kgになってしまった時に「食べて痩せる」という本を参考に試してみたダイエット法です。http://www.felaliteracy.org/

朝はヨーグルト、昼はサラダ、夜は具なしスープを2週間続けると約5キロ落ちました。朝食のヨーグルトはそのまま食べたり、温めたりしていました。

お昼のサラダは色々な種類のお野菜をタッパーに入れてお弁当にして、ドレッシングはレモンとオリーブオイル、塩をかけて沢山食べていました。たまにカロリー高めなアボガドもいれたりもしました。夜は鰹と昆布と椎茸のだしをそれぞれ作って飲んでいました。

具は入れないようにしました。初めて3日目くらいが1番大変で、お腹が減って挫折しそうでした。その時は歯応えのあるきゅうりや白湯やお茶など温かい飲み物を飲む事で紛らわしました。

本来であればこの2週間は活動的に動かずゆっくり過ごすというのがルールでしたが、当時の仕事がマッサージで力仕事でしたのでフラフラになりながら働いていました。2週間後は徐々に通常の食事に戻しましたが、胃も小さくなったのか、食欲も抑えられました。大変な食事法でしたので、もう二度とするまいと食べ過ぎで体重を増やす事が減り、この時からセーブできるようになりました。

私はこうして痩せました?

10年以上前に痩せた経験です。少しでも何かきっかけになったらと思います。http://www.isaga2017.com/

当時は食べたい物をお腹いっぱいになるまで食べ、ほんの少し外に出ると言っただけでも自転車を使っていました。

とあるきっかけで自分の体がダメな体だなと思い、痩せてやる!と思いました。

具体的に何を行なったかと言うと、

先ずは食べる事を制限したこと。と言っても全く食べないと言う訳ではなく、例えばご飯の量を減らす。いきなりでなく、日数をかけて徐々に半量程度のご飯で満足…と言えはしないけど、十分かな?と思える程度になった。

おかずも減らした。

それまで5個食べていた唐揚げを3つ程度にしたり、油物を食べる事を控えたりした。

ただ、それだけでは体重は落ちきらないので、歩く機会を増やした。

それまではほんの少しの移動にも自転車を使っていたが、1時間程度の距離ならば歩いて移動するようにした。

とにかく歩く事を考えてはいたが、例えば「今日は〇〇時間歩く」とか「〇〇歩を目標に」などの目標みたいなものは設定はしなかった。それを設定したら嫌々やる事になると思ったから。

「そこまでの買い物だから歩こう」とか、「30分位だし歩けば良いや」と、そんな考えを意識した程度。

そして、たった少し意識を変えただけで、1ヶ月半で10キロ、2ヶ月で15キロも体重を落とす事が出来た。

私は三日坊主なので早く成果が見えるダイエットを探しています。

私は昔からとても三日坊主で長続きがしない性格です。なので、ダイエットもあまり長く続いたことがなくて、これには困りものという感じで過ごしています。なので、私は結構早くに成果が出るようなものを探して取り組むようにしています。

グラマラスパッツ

ただそれにはやっぱりきついダイエットも多いため、私はできる限り自分に優しいものをと思っています。しかしながら最近感じることはやっぱり早く効果が出てくるダイエット方法というのはそれなりにやっている人が多いということです。なので私は自分ができる範囲でできるダイエットを探していこうかなと考えているところです。今の状態ではなかなか思い通りにいくことがないためどうしようもないのですがやっぱり大変だなと思うことが多いです。

もう少し自分の時間にゆとりが持てたらもう少しだけ長く続けられるようにしたいと思っています。今のところすぐに終わってしまってなかなかダイエットになりません。困ってしまいますしどうしようもないのかなと思っています。もう少し長く続けられるようなダイエット方法を試してみたいなと思います。なかなか難しいかもしれないですね。困ったものです。でも少しずつ少しずつ見つけてみて、やっていけたらいいなと思います。

12月19日土曜日ダイエット日記

最近ハマっているダイエットはアプリを利用したゲーム感覚で楽しめるダイエットで、感染対策でマスクを着用しながらアプリを利用して歩数を稼いでお金も稼ぐというものです。グラマラスタイル

こうなってくるとお金を稼ぎながらダイエットをするという感覚になるのかなとも思うのですが、感染症対策でマスクを着用するのも「脂肪を燃えやすくするためにマスクをする」という感覚になっています。

実際にもそういうトレーニング方法があって、マスク着用しながら運動をするという方法だったりします。(もちろん専用のマスクではありましたが、一般的なマスクでも良さそうです。)

また、ステイホーム期間を利用してダイエットをしたという女性芸人がいましたが年末年始でちょうどいいなと思い自宅でも簡単なトレーニングをやってみようかなと思っているところです。

特に筋肉トレーニングは自宅でもできるし、テレワークを利用してバランスボールを椅子代わりにするなどすれば筋肉トレーニングにもつながるし、エレベーターは密になりやすい場所という気持ちで階段を利用するだけでも体型が変わってくるからそういう意味でコロナ対策も兼ねたダイエットをするにはちょうどいいのかなと思ったのです。

ドンキで500円のやつ

毛穴が締まってきて少しは肌年齢が本来の年齢に近づいてきたかなと思います。http://www.eastafricaogs.com/

オールインワンジェルを付けていたら改善してきましたドンキで500円で売ってるあのシンプルなパッケージのやつです。一時期、ネットの世界で話題になりましたが、今は在庫処理的な意味合いが強いのではと感じてしまいます。

でも、効果はあると思うんです。元は10倍の5000円で売っていこうとしていたものでワンコインですからね、売り場のフェイスを変えていつもうっているけど、それなりに売れてるじゃん。効果はあるけど気になるのは香りです。植物由来の成分を使っていると書かれているのですが臭いがプラスチック製品をイメージさせるものでほんとなのかなと思ってしまいます。

シャンプーでもあると思うのが、ノンシリコンシャンプーが流行ったときに言われたことと同じことが言われているのではないかと。効果はあるけど、これが本物ではなくて、無理やりやったものだから何かで調べたらほんとは肌の奥がボロボロ見たいなことになってないのかななんて不安を感じながら、量が多いから最近は足に使っています。

全身に使えて伸びがいいから便利、しかもメイドインジャパンだから安心。臭いの面でほんとなのかわからないけど。

ダイエットのためには食事に時間帯を早める

ダイエットのためには、食事制限もひとつの方法ですが、いざ食べる量を減らすとなるとストレスもたまり、なかなか実行に移しにくいです。

そこで食事の量は変えずに食べる時間帯を早めることはおすすめです。食べる量は同じでも夜遅い時間帯に食べると、太りやすくなります。http://www.isfg2019.org/

そこでできるだけ早い時間帯に食事をすませることによって太りにくくなります。それには生活リズムを前倒しにするするという工夫も必要です。

まず、朝1時間早く起きることからスタートしてみてはいかがでしょうか。そして生活のリズムを1時間前倒しにすると食事の時間も1時間早めることが

できます。例えば今まで朝7時に起きる習慣があるならば、6時に起きて3度の食事も今までよりも1時間早めるというパターンを確立することを意識づけます。

その中で特に意識すべきなのは夕食です。夕食の時間が遅ければ、ビーマルワンという太る要因となる物質が多くなるので要注意です。おまけに夕食後は

カロリーの消費量が減ります。ダイエットのためにはもちろん食べる量も大切ですが、食べる時間帯も大切です。しかし急に生活リズムを大きく変化させるには

どうしても敷居を高く感じるので、まず今までよりも1時間生活リズムを前倒しすることから始めてみてはいかがでしょうか。

ダイエットは定着させることが大事

ダイエットの大原則としてあることとしてあるのが基本的には無理をしないで行うべきであるということです。つまりは、一週間の断食を行っても意味はあんまりないということです。確かに一時的にうまくいくということはあるでしょうがそういうことではなくてしっかりと出来るだけ長期的な視野に立ってダイエットをするということにした方が良いです。

そうすることによってその体重を定着させるということができるようになります。一か月間だけ5 kg 痩せたみたいなことでは意味がないわけでずっとその体重をキープすることが出来るというのがなんといってもダイエットには求められていることになります。

グラマラスパッツ

ダイエットをする時には食べるものを控えるというようなことが重要になるわけですがその上できちんと運動もするというのがポイントになります。どうして運動をすることによってダイエットが成功しやすくなるのか、といえばまず筋力がつくからです。筋肉がつくことによってしっかりとした基礎代謝を高めるということができるようになるわけです。

筋肉量による基礎代謝というのはまずダイエット成功への道としては物凄く重要であり、無難でもあるといえるでしょう。それが基本です。

運動は裏切らない!

長男を出産したのは、26歳の時です。初めての育児で毎日あたふた、まだ若かったので、あまり切実な体型の変化への危機感は無かったのですが…、やりがいを感じたかったのが、なにやりの原動力でした。

グラマラスパッツの履き方や効果を紹介!痩せるか痩せないか購入して検証!

産後、よく泣く、手のかかる赤子との生活、いつか報われる、気がつけば大きくなっていて手が離れる…なんて、当時の私には気休めにしかならない中、ふと、なんのきっかけだったか、ある時から腹筋を始めたのです。

毎日、ときに子どもを腹にのせつつ、(思えば、常に抱っこの息子をあやしながら出来ることを追及する毎日でもありましたし)100回とかできたら200回、とか、やり易い方法でせっせと続けました。首の下に手を入れたり入れなかったり、足を曲げたり伸ばしたり横臥だったり、背筋を混ぜたり。まあ、「とりあえずやっとく」程度の心境がよかったのか、一年ほど、無理無く続きました。

ある日、実家で風呂をつかった後に、60半ばになる父が腹の出具合を鏡でチェックしていたのを何気なく、ハァーン…、と眺めていたわたし。自分も脱衣場の鏡の前に。するとそこに映ったのはハッッキリとしたクビレあるウエスト。中肉中背の人生をたどっていた私、一応、体育会運動部ながら、時間も内容も気にせず食べたいものを食べていた学生時代にはなかったものです。

嬉しかったなあー。

それからはもぅ、勢いづいて本格的にやり過ぎダイエットの日々が始まりました。

起きてなにかしらポソッとたべたら、もう「今日はあと食べない」。なるべく大金をかけずに痩せてやる、と闘志を燃やし、DVD付きのムック雑誌を2つ買い、(エアロビとベリーだんす)ひたすら動きました。狭い部屋で、時には子ども(ただでは寝ない子だったので、様々にエネルギーを使わせていました)と夜のアパートの敷地を走り回り…。有酸素運動は15分以降から脂肪を燃やす、コーヒーを飲めば燃焼効率がアップして~などというダイエット雑学も取り入れつつ、ろくに食べずに動きに動いたのです。食べないことに酔っているような、変なハイ状態でした。よくも悪くも重ねた努力に比例して、みるみる体重が落ちるのです。汗をかいての減量なので、本当ーに、達成感でいっぱいでした。ほんと、人生で一番、痩せました。まさに、服を着るのが楽しいってやつです。

その後に、、そのスリムライフを一年半ほど味わった頃でしょうか、次男を妊娠しました。それを機につわりに逆らうようにやたら間食する毎日となり、産後もそれなりに増加したまま、あれから約10年…色々やって、アラフォーにしては悪くない、位の体型です。

あの頃の、がむしゃらな育児と同時進行ダイエットは、リバウンドしたものの、面白おかしい、必死な自分の大事な記憶です。

私の肌の悩み(乾燥肌、テカリ)

私の肌の悩みは、乾燥肌です。
肌の乾燥がひどく、それを補おうと脂が分泌されTゾーン、頬がテカテカとなります…
オイリードライや脂肌乾燥肌などと呼ばれる事もあるようです。
このタイプの肌の対策は保湿とうるおい補給が大事とエステの方に聞き、意識をしてケアをしています。

グラマラスパッツ

・化粧水は最低でも2度付け以上
・うるおいタイプの化粧水を使用
・乳液、保湿クリームを使用
・クレンジングは丁寧に

上記の事を意識すると以前より肌に柔らかさが出てきました。
しかし、まだ日中に出る脂の量が改善されない為朝夜だけでなく日中のケアも取り入れる事にしました。
トイレに寄った際、化粧水を肌にスプレーするというものでしたが、付けたばかりの時は肌が潤いますが時間が経つと乾燥し肌が突っ張るようになりました…

何故かと検索をすると、化粧水単体でのケアはすぐに蒸発し肌の水分を奪ってしまう事があるそうです…
まさにそれです…
化粧水後に乳液やクリームをあわせて使うといいとの事だったのでさっそく実践!
すると、常に肌に潤いが出て脂も抑える事に成功しました♪
また化粧直しとしても優秀でスプレー、乳液をすると肌のトーンが明らかに明るくなりファンデーションを上塗りするより肌が綺麗になります。
化粧直しでファンデーションを使用した際、パサパサして上手くいかない…重ね塗りは苦手…という方は是非試して頂きたいです!

これからも自分の肌と向き合い、自分に合ったスキンケア方法を見つけていきたいと思います。

2019年12月14日土曜日ダイエット日記

先月怪我をして以来ダイエットを一時的に休止していたのですが、そろそろダイエットしようかなと思い年末ということもあってダイエットを再開しようと思います。

最初は何をやるかと思えばできることから始めるというところで、簡単に体を動かすところからスタートになるかなと思います。

もちろんの食事面も大事で最近は菊芋を食べ始めております。http://www.albertocorralarquitecto.com/

この菊芋はダイエットの効果が期待されている食品で、注目されはじめています。

もちろん他の食品も食べることも重要で、バランスよく食べることをして 必要です。

そして、この時期はストレスもなにかと溜めがちでそのストレスの勢いで暴飲暴食に走りがちになるのはいうまでもありません。

そのストレスのはけ口を食べる以外で発散することも必要です。

今 ストレスに苛まれてはけ口を失ったことで暴飲暴食になりがちになっている部分もあるので、そこを上手く乗り越える必要が有ります。

そのためには食べること以外での好きなことを見つけることが必要になってくるのかなと思います。

痩せている人は好きなことで人生を楽しんでいるし、肥っている人は食べることでストレス発散している部分もあるので罪悪感が残ってしまうこともあるし、まずは楽しめることを見つけるところから始めようかなと思います。