癖毛ならではの悩み。

30代に入ってから、抜け毛が気になり始めました。シャンプーをし、トリートメントをした後に洗い流す際、ごそっと何十本単位で抜けます。ノアルフレシャンプーの口コミ&レビュー!購入して使ってみた私の感想!

しかし、見た目に変化はなく、むしろボリュームはある方です。癖毛なのもあって、まとまりがないのが昔からの悩みです。

最近髪の毛を肩につかないくらいのボブにして、気に入っていましたが、癖毛なので毛先が跳ねてしまい、ロングヘアの時より扱いが難しくて困っています。

わたしなりの対策としては、しっかりと髪の毛を乾かす、美容師さんに切ってもらうときには「髪の毛をすきすぎたりせず、全体的に重めのスタイル」といってオーダーしています。

それでもはねてしまう今、ヘアアイロンをつかって毎朝セットして落ち着かせていますが、髪へのダメージが心配です。

切ったばかりは綺麗なのですが、伸びてくると毛先に枝毛ができてしまったり、切れ毛を起こして、頭頂部のいわゆる”アホ毛”が目立つのも気になります。

パーマヘアが大好きなのですが、髪質的にパサついてしまってみすぼらしくなってしまうのが悩みです。美容院で高いトリートメントをしてもらったり、ヘアエステというものにも行きましたが、納得のいく仕上がりにはなりませんでした。艶々のロングヘアのパーマスタイルに憧れています。

若い頃から悩まされっぱなし

髪の毛の悩みは若い頃から尽きません。中学生の頃は髪の毛が太く硬く、癖毛でうねっていました。また、若白髪が多く、友人に指摘される程でした。ノ・アルフレの口コミ&評価!

高校生になるとストレートパーマをかけるようになりましたが、髪が傷んでパサパサになるし、アホ毛も気になるし、生まれつきストレートな友人を羨ましく思っていました。

20代になると、ゆるふわな髪型に憧れてパーマをかけるようになりました。しかし、髪質が硬くパーマがすぐ取れてしまい、中々思うような髪型にする事ができませんでした。

そして30代を迎える頃には、ボリュームのなさと薄毛に悩むようになりました。カラーリング等はしてこなかったのですが、若い頃に頻繁にパーマをかけていた為なのか、20代の頃の食生活のせいなのか、遺伝なのか…こんなに早くから薄毛に悩む事になるなんて…。

美容院で購入するシャンプー・トリートメントを使用するようになってから癖毛などの若い頃の悩みは落ち着いてきましたが、今では何よりも薄毛が気になります。もっとパーマを当てたり、カラーリングをしたりして、色々なお洒落な髪型を楽しみたいのですが、頭皮へのダメージを考えると中々踏み出せません。

髪型で人の印象は大きく変わると言いますが、若い頃から髪には悩まされ続け、自分の髪に満足できた事はありません。今更ですが、もっと頭皮を、髪の毛を大事にしてくればよかった…と後悔ばかりです。

カラーを長持ちさせるコツ

30代、会社員です。

20代の頃は月一のヘアカラーが楽しみで、毎回流行りのカラーを調べてからヘアサロンへ通っていました。

でも流行りのカラーに限って安定して定着してくれない。。。

早ければ一週間で落ちてしまうこともザラでした。

これはあまりにもコストパフォーマンスが悪いと思い、まずは自分の髪質の改善と日々のメンテナンスから見直そうと考えました。

評判通り?ノ・アルフレの本音の口コミを徹底レポートします!

まずシャンプー。

市販のシャンプーは洗浄力の高いものが多いため、安心安全な成分を調べて、アミノ酸主体のものを選ぶようにしました。シャンプーボトルの裏を見て「ココイルグルタミン酸TEA」などがそれです。

ほかにも「ココイルメチルタウリンNa」など比較的安全と言われている成分が配合されているシャンプーを選ぶようにしました。

アミノ酸シャンプーに変えてから色落ちも髪のパサつきも多少軽減されたように思います。

次にドライヤーやコテ、ストレートアイロンの温度。

カラーは熱にとても弱いです。

ドライヤーは温度設定できないものが多いので髪から極力離したり、夏場はサーキュレーターや扇風機を使うのも便利です。

ドライヤーである程度乾いたあとは決して自然乾燥させず(濡れたまま寝ると枕との摩擦で必ず髪が傷んでしまうため)、冷風で完全に乾かしてしまうようにします。

コテやアイロンの温度は160度に設定し、なるべく低い温度で使用するようにしました。

最後はカラートリートメント。

日々のトリートメントを週1〜2でカラートリートメントに変更しました。

現在はドラッグストアでも簡単に手に入り、カラーの種類も豊富なのでとても重宝しています。

この3点を意識するようになってから、カラーの持ち、髪のパサつきなど、ぐっと改善されたことを実感しています。

髪は年齢が見えるポイントでもあるので、これからも綺麗な色で艶々の髪をキープしたいですね。

生まれつきのくせ毛で…

わたしの髪の悩みは二つあります。

http://www.seteanossetepecas.com/

ひとつめは、生まれつきのくせ毛。

小さいころから髪にゆるい癖があり、

なぜか左側の髪の毛だけ外ハネが目立ちます。

ワックスやケープなどを使用して整えようとしても

もともとの髪の流れがそうなってしまっているのか、

簡単には直りません。

コロナの社会情勢の中で、

肩から上のアピアランスを見て

判断されるようなことが増えてきました。

困ったのが、先日オンライン上で商談を行った時です。

画面上に映った自分を見てビックリ。

朝髪の毛を整えたはずなのに、

片側だけ大きくピョンとはねていたのです。

話している最中に何度も髪の毛を撫でつけるわけにもいかず、

とても恥ずかしかったです。

二つ目の悩みは、髪質についてです。

わたしの髪質はとてもパーマがかかりにくく、

扱いに困っています。

大学生のときにオシャレがしたいと思い、

奮発してはじめてのパーマを美容院でかけました。

お手入れをきちんとすれば1か月は落ちないとのことを

聞いたので、おすすめされたシャンプーと、パーマ用のトリートメントを購入しました。

そこから毎日、アドバイスされた通りにお手入れを頑張ったのですが、

1週間ほどであとかたもなく落ちてしまいました。

もっといろんな髪型を楽しみたいです。

目指せ!サラツヤ髪!

髪の悩みは尽きないもので…

私の髪は多い、太い、硬い。

まさに剛毛。

ノ・アルフレ

テレビに映るアイドルを見ても、可愛い顔やスタイルよりも、サラツヤ髪に目を奪われるほど、髪が綺麗な事は本当に羨ましいものです。

校則で染髪や縮毛、パーマ禁止だった学生時代。

黒髪の剛毛は縛るしかなく、猫っ毛の子とポニーテールの太さを比べて苦笑の日々でした。

やがて金髪にすれば多少は軽く見えるはず!とブリーチを繰り返し、毛先は傷みビヨーンと伸びるほどに。

しかし、黒髪よりは軽く見える!と思っていました。

そのまま縮毛矯正を受けに行くと、

美容師さんから「傷みあるし…タワシみたいになっちゃうかも」と衝撃発言。

このタワシという言葉の印象が強すぎて、以後縮毛矯正にチャレンジしようという気持ちは無くなってしまいました。

その後、シャンプーやトリートメントを見直し、

ヘアアイロンで多少落ち着いて見えるものの、巻き髪は秒で真っ直ぐ伸びるので諦め。

寝坊してヘアアイロンをできなかった日は、モサモサ髪で1日過ごす事がとても苦痛でした。

結局、サイドのインナーを剃り込むことで物理的に毛量を減らし、ブリーチなど髪の傷むことは控えるようにしています。

ヘアオイルも成分を見比べて試したり、

試行錯誤の日々ですが、サラツヤ髪を目指して頑張ります!