子供の口臭を無くして健康な歯に

口臭とはその名の通り口が臭い事ですが、子供と大人では臭いが違うのをお気づきでしょうか?今回は4歳の息子と6歳の娘についてお話致します。
子供の口臭は食べた物の臭いというよりはヨダレ臭くないでしょうか?(勿論刺激臭の物を食べたら別ですが)臭いというのは主に菌が原因といわれますが、口の中は菌がいっぱい、口が閉じない子は唾液が乾燥して菌が発生し臭いを発し始めます、勿論大人も同様ですが、近年マスクの着用を子供に対しても行っている事もあり口臭は激しい物に。

http://www.revolutioncraftbeer.com/

やはりこれを防ぐには歯を磨く事が一番効果的です。歯を磨く事は口の中にある臭いの原因菌を除去してくれるので非常に効果的ですが、これだけでは臭いは消えません、臭いの原因としてもう一つあるのが舌です。舌を磨くと臭いも取れやすいですが、これには注意が必要です。舌を磨きすぎると味に対して少し鈍感になりやすくなると言われている事からゴシゴシ何回も磨くのはNG、歯と違い柔らかい箇所なので優しく磨いて下さい。

続いて歯磨きの仕方ですが、子供用歯磨き粉を使うのが一般的ですが、付けすぎはダメです。シャンプーと一緒で付けすぎれば落とすのも大変で付けすぎれば何回もうがいをします。しかしながら子供ですので気にしてうがいをする子は少ないので付けすぎないようにしましょう。
最近では高度な電動ハブラシがあり歯磨き粉を使う必要なく除菌してくれるので試してみては。

唾液を多くして口臭を防ぐには

口臭の原因の一つには唾液が少ないことによる殺菌作用の低下があげられます。

ブレスマイルウォッシュは実店舗で市販されている?購入して使った効果や口コミなどまで赤裸々に暴露!

唾液にが減る原因は緊張であったり、ストレスや生活習慣の乱れなど様々あります。

朝食を抜くことも体にストレスとなり、唾液が減る原因となります。

食べ物を摂取することは唾液が出てくる一番の要素となりますし、こまめに食事をとることで体調も安定しダイエット効果もあります。

また、体内の水分が少なくても唾液が出てこない原因となります。

飲み物で言うとお茶には殺菌作用があり、また水分補給にもなるため積極的に飲むことをお勧めしますが、コーヒーなどは利尿作用もあるため結局体内の水分が減ってしまう原因にもなります。

こまめに水分補給することも大事ですが、口の中に異物があることも口臭の原因となるため、口をゆすぐ意味でも水分を補給することが大切です。

なるべくリラックスして唾液を多く出せるようになると口臭も抑えることができます。

リラックスとともに、唾液が出やすくなるマッサージも効果的です。

お口の周り、ほっぺたの周辺、耳の下側などを時々両手でマッサージしてあげると、リラックスしさらに唾液腺が刺激されるため、唾液が多くなる効果があります。

このようにちょっとしたことを意識するだけで唾液を多くすることができ、その結果として口臭が減る効果が期待できます。

寝起きの口臭の原因を簡単に

朝、目が覚めると大体の人は気持ちよく目覚め今日も頑張ろうと新しい1日がスタートするわけだが、気持ちよく寝れる代償とは言い過ぎだが代わりに口の中がとんでもないことになっていることはみなさんあると思います。その理由について今日は説明してみたいと思います。

ブレスマイルウォッシュを使った口コミ!

インターネットでは色々な理由が細かく難しく書いてありますが、私なりにかなり簡単にまとめてみると原因は細菌と乾燥だと思います。
朝の口の中の「ネバネバ、カピカピ」はみなさんも一度は体験したことがあると思います。あの「ネバネバ、カピカピ」の中に何億とゆう細菌がいるのです。

起きている時の口の中は唾液によって乾燥と細菌の発生を抑えていますが、眠りについてしまうと大事な唾液が呼吸によって乾燥してしまい細菌が増えてしまうという事です。寝ながら口を大きく開けての呼吸の攻撃力はすさまじく、著しく口の中が乾燥します。鼻で呼吸して寝れる用に心がけましょう。

簡単な改善法ですが、口をテープで止めたりマスクをつけて寝るだけでかなり良くなるそうです。
口は人と喋る時に必ず開けて喋らなければなりません、日々の小さなことで口臭は防げるようになります。毎日の歯磨き、寝る前の工夫で朝の嫌な口臭からおさらばしましょう。